読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SPOTLIGHT !

Stay hungry.Stay foolish.

白血病の少年の夢をかなえるため、サンフランシスコ市民1万人超が協力。大感動「バットキッド」。 #SFBadKid

録画しておいた今朝のサンジャポでこのニュースを知りました。

サンフランシスコ市民1万人以上が応援にかけつけ、なんともスケールの大きいハートウォーミングなイベントに。これは感動しますね。

 

白血病の少年「バットキッド」が夢をかなえ大活躍 歴代バットマンも賞賛 : 映画ニュース - 映画.com

バットキッドの正体は、1歳の頃から白血病と闘う5歳のマイルス・スコット君。ボランティア団体「メイク・ア・ウィッシュ」に対して、「バットマンになりたい」という願いごとを提出していた。「メイク・ア・ウィッシュ」は難病の子どもたちの願いを叶えるために活動するボランティア団体で、日本を含む世界各地に拠点を持っている。

この日、サンフランシスコでは1万人を超えるボランティアが参加し、街をあげてマイルス君の夢を叶える舞台のお膳立てをした。現サンフランシスコ警察署長グレッグ・サーから出動依頼を受けたバットキッドことマイルス君は、バットマンとともにバットモービルに乗り込み、悪役リドラーやペンギンにとらわれた女性やサンフランシスコ・ジャイアンツのマスコットを救い出した。沿道には数千人もの人々が集結し、それぞれにサインを掲げてバットキッドに声援をおくり、その模様は主要ネットワークやSNSを通じて中継され、多くの感動を呼んだ。 

 

[VIDEO] Batkid: San Francisco Becomes Gotham City For Cancer-Fighting Kid - Hollywood Life

f:id:tetsuya0723:20131124153544j:plain

Five-year-old Miles has been battling leukemia since he was just 18 months old. The cancer survivor is a mini superhero himself, so the city of San Francisco morphed into Gotham City on his behalf, for a day of fun and ‘crime-fighting!’