読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SPOTLIGHT !

Stay hungry.Stay foolish.

2013.12.1 改修工事前最後の国立競技場で行われる「ラグビー早明戦」にユーミンも駆けつける

スポーツ ニュース

ユーミン来るからというより「国立、最後の明早戦」という言葉の方が何倍も重いなあ。僕が明治在学中はもちろん、卒業後も何度か足を運びました。

このチラシにある北島監督の写真を見ちゃうとじっとしていられないですね。自由席がまだ残っていたので歴史的な日を現地で迎えたいと思います。

f:id:tetsuya0723:20131130101437j:plain

 

http://www.meijirugby.jp/files/user/201311062143_1.png

伝統の「早明戦」に、ユーミンが『ノーサイド』を。
“ さよなら国立競技場 ” 12.1ラグビー早明戦で観客が一つになる
 
12月1日に開催される「ラグビー早明戦」のクライマックスに、ラグビーファンで知られるシンガーソングライターの松任谷由実さんが、ピッチ上で1984年のヒット曲“ ノーサイド ”を披露することが決定した。2020年東京オリンピック開催のため、改修工事が行われる国立競技場。それに伴い、40年続いた現行の同会場での早明戦はファイナルとなる。有終の美を飾るべく歌われるのは、名曲『ノーサイド』。国民的スポーツイベントの新たな歴史のスタートを祝福する。 

「12.1早明戦クライマックスに、ユーミンが『ノーサイド』を熱唱が決定」 - 明治大学ラグビー部公式ホームページ

改修工事のために、現在の国立競技場でラグビー早明戦が行われるのは、最後となる。そこで、主将、そして監督として早明戦の舞台に立った清宮克幸と吉田義人の初の対談を敢行。あるときはライバルとして、あるときは同志として、ラグビー界の花道を歩んで来たふたりが、おおいに早明戦について語り合った。  

インタビュー|チケットぴあ[チケット情報・販売・購入・予約]

 

 

 

「前へ」明治大学ラグビー部 受け継がれゆく北島忠治の魂

「前へ」明治大学ラグビー部 受け継がれゆく北島忠治の魂

 
国立競技場の100年: 明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ

国立競技場の100年: 明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ